企業のメンタルヘルス対策 - クリニックについて

職場のメンタルヘルスをお考えの方へ

渋谷もりやクリニックでは、企業でのメンタルヘルス・コンサルテーションに長年にわたって従事してきた経験を生かして、多くの企業の健康管理や健康推進事業に携わるみなさまと連携し、職域での心の健康回復に力を入れております。
私どもは今後も、この領域での取り組みを積極的に行って参りたいと考えております。

1. 経験豊かな診療スタッフと治療法

渋谷もりやクリニックでは全ての診療スタッフが、薬物療法のみならず精神療法やカウンセリングの十分な研鑽と豊富な臨床経験を積んでおります。うつや不安などの症状の背景には、職場での人間関係や、ご本人の心の持ちかたの問題も大きく関わっており、診療に際しては精神療法的な視点が非常に重要だと考えております。また、当クリニックの多くのスタッフは日常臨床のかたわら、企業に赴いて、産業医の先生がたへのコンサルテーション活動を行っておりますので、職場の側からの視点も同時に持ち合わせており、職場でのさまざまな問題に対して、よりきめ細かい対応が可能です。

2. 職場との連携

うつ病など多くのこころの病の診療においては、職場との連携がたいへん重要なものとなります。患者さまの状態に応じて、病気休養が必要となることもあれば、残業制限や業務内容の調整などの勤務措置が必要となることもあります。そのような場合、診療にあたる主治医と、産業医の先生がたや、保健師のかた、職場の上司・人事担当者のかたがたなどとの連携や意思疎通がとても重要です。当クリニックでは、患者さまご本人の同意に基づき、書面上での連携のみならず、必要に応じて人事ご担当者や保健士の方など関係する皆様との面談の機会を設け、患者様が最適の就労環境で本来の能力をすみやかに発揮できるようにお手伝いすることを心がけております。

3. セカンドオピニオン、産業保険コンサルテーション

心の病を持ちながら就労を続ける社員のかたに対して、どのような業務をどのくらいの負荷で担当してもらったらよいのか、上司や職場の同僚はどのような対応を取ったらよいのか、異動は可能か、休職中のかたが復職する際にはどのようなことに気をつけたらよいのか、など職場の側が配慮を必要とする難しい問題も多いものです。しかし現状では、精神科医と常時提携することができない企業も多くあるように思われます。当クリニックでは、そのようなニーズに応えて、他の医療施設に通院されている社員のかたのセカンドオピニオンでの受診も積極的にお受けしております。

さらに、通常の診療以外に、会社の産業医、職場の人事ご担当者のかたからのご依頼に基づく産業保健コンサルテーションも院長の担当で実施しております。詳しくはお電話(03-3780-8005)でお問い合わせください。

渋谷もりやクリニック

心療内科 精神科
渋谷もりやクリニック

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-5
渋谷アックスヒルズ 2F

ページのトップへ