よくあるご質問 - うつ病や精神療法などに関するQ&A

思春期の診療では、どのような問題やなやみを相談できるのでしょうか?

回答者:守屋 直樹

次に挙げるような中学生、高校生の年代のお子様の問題、なやみをお受けします。

1. こころのなやみ
元気がない、気分が沈んでいる、眠れない、不安がつよい、など。

2. 学校のなやみ
学校に行けない、友達とうまくいかない、集中できない、落ちつきがない、など。

3. 行動上のなやみ
こだわりが強い、手を何度も洗う、極端なダイエットをしている、ひきこもりがち、など。

4. その他
上記のほか、ご家庭でのなやみ、事故や災害などショックの大きい事柄に遭遇した後の対応、などについてもご相談いただけます。

思春期のお子さまの問題について詳しく知りたいというご家族のかたは、「精神科医の思春期子育て講義」(皆川邦直著)をご一読されることをお勧めします。皆川邦直先生は、思春期青年期精神医学の領域でエキスパートとして広く知られており、私たちがおこなっている精神療法の研究グループを作り上げ、ご指導くださったかたです。本書は、不登校などのお子さまをかかえる親御さんを対象として、皆川先生がおこなった一連の講義を収録したものです。

渋谷もりやクリニック

心療内科 精神科
渋谷もりやクリニック

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-5
VORT渋谷道玄坂 2F

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • 思春期の診療についての質問
  • 思春期の診療では、どのような問題やなやみを相談できるのでしょうか?

ページのトップへ